/

この記事は会員限定です

企業決算、四半期開示の是非(複眼)

クリス・カミングス氏/ケン・バーチュ氏/黒沼悦郎氏

[有料会員限定]

ピークを迎えた企業の決算発表。発表を受けて株価が動き、株価は経営者の規律付けに働く。このサイクルはいまの3カ月おき(四半期開示)が最適なのか。米トランプ大統領も加わり、世界で議論が続いている。発表の頻度を含め、望ましい決算開示について日米英の専門家に聞いた。

◇   ◇

短期志向促し、経営妨げ 英国投資協会最高経営責任者 クリス・カミングス氏

英国の機関投資家団体として、四半期決算の開示をやめるよう英企業に促してきた。四半期開示はしばしば経営者に短期志向を強い、長期の目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4014文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン