/

この記事は会員限定です

平和つなぐ 琉球手まり

沖縄独特の色柄とデザイン 作り続け45年 宮城玲子

[有料会員限定]

赤、緑、紫。さらに海や空、お祭りの衣装の色まで。沖縄で作られる「琉球手まり」の色彩は本土の手まりとはちょっと違う。柄も伝統的な染め物である紅型(びんがた)の文様や、琉球舞踊をモチーフにするなど、独特の味わいがある。

私は琉球手まりを作り続けて45年になる。最初は義母とともに、琉球王朝の王女をかたどった人形「ウミナイビ」の考案者である当山美津さんから習った。当時90歳を超えていらした当山さんを、義...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1508文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン