「解決済み」なのに個人請求権? 司法判断、日韓で差
韓国徴用工裁判特集

2018/10/27 1:10
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

Q 日韓は1965年に請求権協定を結んだのになぜ個人請求権問題で対立しているのですか。

【関連記事】徴用工問題、日韓の火種に 韓国最高裁が30日判決

A 背景には歴史観の大きな違いもあります。日本の最高裁は中国人を原告とした2007年の戦後補償訴訟で「サンフランシスコ平和条約の当事国以外の国や地域との間の戦後処理でも、個人の請求権を含めて戦争の遂行中に生じたすべての請求権を相互に放棄する同条約の枠…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]