最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

投資番付

フォローする

インドネシアルピア、20年ぶり安値圏 米利上げ受け売られる
通貨番付

2018/10/23 14:12
保存
共有
印刷
その他

インドネシアの通貨ルピアの相場がアジア通貨危機以来、20年ぶりの安値圏を推移している。5%程度の成長を続けるなど経済自体は堅調だが、米連邦準備理事会(FRB)の利上げを受けて、新興国から資金が米国に流出したことがルピア売りにつながっている。

ルピア相場は1ドル=1万5100ルピア台で推移し、年初から約11%下落した。中央銀行は通貨防衛のため、5月以降、5回の利上げを実施したほか、ドル売り・ルピア買いの為替介入も断続的にしているがルピアの下落傾向に歯止めはかかっていない。

ルピア安は輸入品の物価上昇につながるほか、ドル建てで資金調達する企業の債務の増大にもつながる。インドネシア政府は大型完成車の輸入禁止などを打ち出して輸入を減らし、通貨安の原因となる経常赤字を削減しようと躍起になっている。

(ジャカルタ=鈴木淳)

19日までの1週間の外為市場でブラジルレアルやロシアルーブルが上昇した。原油価格の上昇で、買い安心感が広がった。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム