/

この記事は会員限定です

ブラックアウトの衝撃(複眼)

松村敏弘氏/本名均氏/丸谷智保氏/荻本和彦氏

[有料会員限定]

電力供給への不安が増している。9月の北海道地震では道内全域が停電する「ブラックアウト」が発生。その後、九州では需給バランスへの懸念から太陽光発電の出力を制御する事態も起きた。東日本大震災後、電力供給の安定に腐心してきた日本だが、安心して電気を使える環境になっていない。

◇   ◇

コスト優先ではしわ寄せ 東大教授 松村敏弘氏

北海道電力のブラックアウトは運が悪いことが重なって起きた。発電所の近くが震源地だったうえ、送電線の故障で水力発電所の送電も止まった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン