2019年5月22日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,272.45 -29.28
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,250 -60

[PR]

投資番付

フォローする

低リスク・バランス型の上昇率 配分固定型に軍配
投信番付

2018/10/18 14:12
保存
共有
印刷
その他

少額投資非課税制度(NISA)が2014年に始まる際、複数の資産に分散投資してリスクを低く抑えたバランス型の投資信託が注目を集めた。高リターン狙いが裏目に出て元本割れすると税制上不利になるためだ。これを契機に、様々な資産を組み合わせて配分比率を適宜変える投信の登場も相次いだ。

価格変動リスクが最低水準のバランス型投信の5年上昇率ランキングからその成果を確かめてみた。

指数連動型や確定拠出年金専用の投信が上位を占めた中、首位はあらかじめ定めた基本配分に沿って国際分散投資する「年金積立グローバル・ラップ・バランス(安定型)」の約29%。2位以下には内外の株式と債券の基本配分を3対7で固定した上で、国内債券の比重が高めの投信が僅差でずらりと並び、過去10年の成績も健闘している。

資産配分を変更するタイプの影は薄く、配分固定型に軍配が上がった。シンプルな国際分散投資の効果はあなどりがたい。

(QUICK資産運用研究所 高瀬浩)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム