/

この記事は会員限定です

民主主義にとって政党とは何か 待鳥聡史著

歴史と課題 切れ味良く解説

[有料会員限定]

政党に関する理論的な考察と、世界の政党の歴史と、日本の政党の歴史と、今後の課題。これらを分かりやすく、切れ味良く一冊の本で解説してほしいという読者がいたら、迷わず本書をお薦めする。

分かりやすいというのは本当である。連続講演が原型であり、ですます調で語りかけてくれる。切れ味が良いというのも本当である。著者は両論を踏まえつつ、めったに両論併記はしない。

例えば、政党をイデオロギーや社会経済的要因によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り671文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン