/

この記事は会員限定です

前橋汀子(10)寮生活

辞書片手にロシア語 奮闘 「ソ連流」に戸惑い、涙で目赤く

[有料会員限定]

モジャイスキー号は津軽海峡を渡り、日本海の荒波を乗り越えて3日がかりでソ連極東の港町ナホトカに到着した。私と潮田益子さんは窓のない船底の客室でひどい船酔いに苦しみ続けた。

ナホトカ駅でハバロフスク行きの汽車を待っていると、よれよれの服のおばあさんが道端の花を束にして差し出してくれた。遠くから勉強にきた2人へのプレゼントだという。あのおばあさんの目を私は忘れない。この後も私はロシア人の温かい心に何度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン