2019年7月17日(水)

一人遣い人形劇に再び魂
ひょうたん島にも影響、高知の「西畑デコ芝居」復活 片山隆

カバーストーリー
2018/10/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

明治時代、高知県の仁淀川河口近くで発祥し、一時は西日本で広く親しまれた西畑(さいばた)デコ芝居。デコは高知の方言で人形を示す。片手で2本の差し金を持ち人形の左右の手を操る一人遣いが特徴で、現代の人形劇にも影響を与えたとされる。戦後、地元では演じ手がいなくなってしまったが、私たちの手で復活させて22年がたつ。

西畑デコ芝居は明治12年(1879年)ごろ、現在の高知市春野町西畑で生まれた。最初は顔を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。