「愛について アジアン・コンテンポラリー」展 人の複雑な心を写す

アートレビュー
2018/10/10 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「愛について」とは、意味ありげなタイトルだ。東京・恵比寿の東京都写真美術館でアジアの現代女性写真家6人によるグループ展「愛について アジアン・コンテンポラリー」展が開催中だ。

大阪生まれの在日コリアン3世、自らも外国人の妻であり、国際結婚したカップルを撮影する韓国人、米国で写真を学んだ後、自傷行為をテーマに制作する中国人――。さまざまな背景を持つ彼女たちの写真には「人間関係にまつわること全てが含…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]