米中間選挙とは 大統領の2年間の政策に「信任投票」
きょうのことば

2018/10/7 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼アメリカ中間選挙(米中間選挙) 4年に1度ある米大統領選の中間にあたる年に実施する議会選挙。議会や各候補への評価だけではなく、現職大統領の2年間の政策に対する「信任投票」の意味合いがある。任期6年の上院は定数100議席の3分の1(今回は2補選も含めて35議席)、任期2年の下院は全435議席がそれぞれ改選となる。州知事など地方選挙も同時に行う。投票日は、11月の第1月曜日の次の火曜日と定められている。

中間選挙は大統領が所属する与党に不利というのが定説。オバマ前大統領の民主党は2010年、14年には上下院とも議席を減らした。近年で与党が上下院それぞれで議席を増やしたのは、01年の同時テロ後で支持率が高かった02年のブッシュ(子)元大統領の共和党だけだ。

現在の議席は共和党が上院で51、下院で235と共に過半数を確保している。トランプ政権への逆風が強まる中、民主党が全議席改選の下院で過半数を奪還できるかどうかが今回の選挙の焦点となっている。野党だった民主党は06年に、共和党は1994年と2010年に下院の支配権を取り戻した実績がある。

【関連記事】
トランプ氏、強まる逆風 民主、下院奪回へ攻勢
米司法の保守色強まる カバノー最高裁判事が就任
「恥を知れ」「弾劾を」 米判事承認に反発広がる
非核化、高いハードル 米中間選挙控え、北朝鮮が強気
市場が注視する中間選挙、相場の不安定化懸念

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]