2018年12月17日(月)

自由貿易の土台 まず国内から パスカル・ラミー氏
前WTO事務局長

グローバルオピニオン
2018/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

国際貿易のシステムやルールには、確かに改善の余地がある。トランプ米大統領の主張が全て間違っているわけではない。米国の批判を改革の好機と捉えてもいいだろう。だがグローバル化の否定は大きな代償を伴う。米国が仕掛ける貿易戦争も、英国の欧州連合(EU)からの離脱も同じだ。相互依存の関係を深める世界の経済に打撃を与えかねない。

トランプ氏が貿易赤字をことさら敵視するのはおかしい。赤字を穴埋めできれば、さし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報