2019年6月24日(月)

江戸の芝居小屋(5) 歌川国貞「『三賀荘曽我嶋台』開演前の舞台」
国立劇場主席芸能調査役 石橋健一郎

美の十選
2018/10/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

開幕直前の舞台の様子を、舞台奥から客席の方向に描くという、奇抜な趣向の役者絵。裏から見ると、立木や岩組が張りぼてであることがわかって面白い。柿色の幕には「菊五(郎)」「志ん(上)」の文字、さらに菊五郎の紋やあばれ熨斗(のし)が白抜きにされている。現在も襲名披露興行などで見掛ける、贔屓(ひいき)からの贈り幕である。当時の幕には、客席の様子を探る覗(のぞ)き穴があったこともわかる。

舞台上では、扮装…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報