2019年2月16日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,900.63 -239.08
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,900 -290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

2月15日(金)14:14

マイナンバーカードを保険証に 官房長官が指示[映像あり]

アマゾンがNY「第2本社」白紙に 地元の反対受け

2月15日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

新興国株式で好成績のファンド 中国・ベトナム株 上位に
投信番付

2018/10/4 13:52
保存
共有
印刷
その他

緩やかなペースとはいえ米国の利上げが続いており、新興国からの投資資金の流出が懸念される。だが長期投資という視点に立てば、高い成長が期待できる新興国株はポートフォリオに入れておくべきだろう。

過去3年(8月末時点)の新興国株型投資信託の運用成績上位には、中国やベトナムなどのアジア株を投資対象とするファンドが並ぶ。

1位はUBSアセット・マネジメントの「日興UBS中国A株ファンド」で、中国A株の中から各セクターのリーディング企業やリーディング企業に成長する可能性の高い企業に投資する。市場の状況に応じて業種別配分を機動的に見直す手法が好成績の背景のようだ。足元は消費、金融、ヘルスケアへの配分比率が計9割を占め、外需より内需で稼ぐ企業が中心だ。

米利上げの向かい風が吹く中でも、好業績の企業は常に存在する。丹念な企業分析によってそれらをうまくみつけることが好成績の要因といえそうだ。

(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム