/

この記事は会員限定です

前橋汀子(4)アンナ先生

生涯かけて日本で指導 週2回レッスン、時間に厳しく

[有料会員限定]

自由学園幼児生活団で4歳からバイオリンを始めたが、それは演奏の初歩にすぎなかった。「先生について本格的に習った方がいいのでは」と周りに勧められ、小野アンナ先生を紹介された。

アンナ先生は帝政ロシアの貴族出身で、ロシア革命の最中に動物学者の小野俊一さんと結婚し、混乱を逃れて1918年に来日した。後に私が留学するレニングラード音楽院(サンクトペテルブルク音楽院)でレオポルト・アウアー教授に師事したバイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン