/

この記事は会員限定です

移民と故郷つなぐ島便り

山口県沖家室島から世界へ 日常を発信する「潮音」 新山玄雄

[有料会員限定]

1914年から太平洋戦争開戦直前の40年まで山口県の沖家室島(おきかむろじま)(周防大島町)で発行され、ハワイなど世界中に届けられた「かむろ」という通信誌がある。島から海外に移住した人々と故郷をつなぐ懸け橋として計158号が刊行された。

~ ~ ~

「かむろ」を継承

沖家室島は面積約1平方キロメートルと小さいが、漁業で栄え、明治期には人口3000人超、人口密度日本一だったこともある。当時の島民たちは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン