交雑する人類 デイヴィッド・ライク著 古代DNAが示す人の来歴

読書
2018/9/29 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

著者のデイヴィッド・ライクは遺伝学者である。それもNatureやScienceといった一流誌に年間何本も論文を発表する"スター・サイエンティスト"だ。そんな研究者が本書のような分厚い一般書を出版することは稀(まれ)だ。

古代DNAの研究は1980年代に始まった。その先頭に居続けたスヴァンテ・ペーボが今世紀初頭、次世代型DNA配列決定装置によりネアンデルタール人の全ゲノム解読を達成した。本書でいう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]