/

この記事は会員限定です

マンモスを再生せよ ベン・メズリック著

生命操作 大義掲げた最前線

[有料会員限定]

1997年、クローン羊ドリーの誕生が世に報じられ、日本でも続々とクローン牛が生まれた。当時、すぐにもクローン人間が作られるのではと騒がれていた。

その数年後には人の全遺伝情報(ゲノム情報)が解読され、2006年には山中伸弥さんによってiPS細胞が作られた。そして今、DNA配列の特定部位を切り取って効率的に書き換えられる技術CRISPR/Cas9(クリスパー/キャスナイン)が登場した。

ハーバード大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン