2019年6月18日(火)

江戸の芝居小屋(1) 歌川豊春「浮絵堺町葺屋町顔見世夜芝居之図」
国立劇場主席芸能調査役 石橋健一郎

美の十選
2018/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

江戸の娯楽の中心だった歌舞伎の劇場、芝居小屋。その表や裏を描いた錦絵から、当時の空気を感じてみよう。

江戸時代の中ごろ以降、江戸の町で幕府公認の興行権を持つ常設の芝居小屋は堺町の中村座、葺屋(ふきや)町の市村座、木挽町の森田座の三軒(江戸三座)だった。現在の東銀座周辺である木挽町の森田座は孤立状態だったが、堺町と葺屋町は現在の人形町周辺で隣接していたため、この一角は「二丁町」とよばれ、華やかな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報