2019年6月16日(日)

安倍首相、自民総裁3期目へ(下) 支持基盤重視、「遺産」作りの壁
中北浩爾 一橋大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/9/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○小泉氏は脱派閥、安倍氏は党内融和優先
○改革も自民の既存組織への打撃回避意識
○レガシー作りへ憲法改正は国民投票関門

自民党総裁選で安倍晋三首相が3選を果たした。石破茂元幹事長の善戦が注目されるが、大局的にみれば安倍首相が7割に迫る得票を集めて大勝し、首相在任期間が日本の憲政史上最長になる可能性が高まったことが重要だ。

官邸主導の政策決定や国政選挙での5連勝にも示される安倍首相の「強さ」の背…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報