/

この記事は会員限定です

安倍首相、自民総裁3期目へ(上) 「2つの顔」乖離止められるか

待鳥聡史 京都大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○内政と外交の「2つの顔」の違いが顕著に
○2期目後半以降は政権の一体性失われる
○持続可能な経済構造や社会保障制度示せ

安倍晋三首相が自民党総裁選で石破茂元幹事長を下し、3選を果たした。過去に総裁選で3回以上勝利を収めたのは、無投票や任期延長を含めても、池田勇人、佐藤栄作、中曽根康弘、小泉純一郎の4氏だけで、いずれも一時代を築いた首相であった。

今後順調にいくと、安倍首相の在任は2021年9月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2680文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン