/

この記事は会員限定です

味わい深き国産ワイン史

醸造始まりの地・甲府をたどり文化を熟成する 仲田道弘

[有料会員限定]

日本在来の甲州種ブドウで造った白ワインは辛口のスッキリした味わい。カボスなど日本の果物を思わせる香りで、和食ともよく合う。外国産白ワインのふくよかな香りと味が、しょうゆ、味噌、米酢や生魚の味とケンカしがちなのとは対照的だ。

◇ ◇ ◇

幕末のお坊さんから

私は29年前に山梨県庁でワイン産業振興の担当になり、それ以来ずっと甲州ワインに関わる仕事をしてきた。ワイン造りで知られる勝沼町(現甲州市)のブドウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン