2019年6月24日(月)

水の幻想(7) フェルナン・クノップフ「見捨てられた町」
実践女子大学教授 六人部昭典

美の十選
2018/9/21付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

描かれているのは、ベルギーの古都ブルージュ(ブルッヘ)。この町は、13~15世紀に貿易で栄えたが、しだいに衰退してゆく。町と海を結ぶ運河に砂が堆積したことが要因だったといわれる。だが、それゆえに中世の面影を残す町となった。特に世紀末の時代には、小説「死都ブリュージュ」に見られるように、芸術家たちに好まれた。

画面には石畳の広場が描かれ、海の水が町を浸そうとしている。とはいえ、実際のブルージュ中心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報