/

この記事は会員限定です

横川竟(20)再登板

すかいらーくが低迷 「口出さない」を条件に統括

[有料会員限定]

ジョナサンの社長を引き受けたとき、「5年で株式を上場する」と宣言した。言葉通り快進撃を続け、昭和57年(1982年)、58年と20店舗ずつ作っていった。

会社が好調だと様々な案件が飛び込んでくる。58年に主取引行の日本長期信用銀行の副頭取とゴルフと食事をした。長銀はもともと外食の将来に期待を寄せ、融資にも前向きだった。そのとき「横川さん、2本ほど借りてくれませんか」というのでその場で請け合った。後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン