EV時代の課題(下) 産業融合「部品」に変革迫る
佐伯靖雄 立命館大学准教授

2018/9/20 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○EVの市場拡大が続き製品概念にも変化
○化石燃料車とEVは相互補完的な関係に
○独部品大手が自動車産業の覇権うかがう

2017年の世界の電気自動車など「電動車(EV)」の販売台数は100万台を超え、累計販売台数でも300万台に達した。EVの大消費地は米国や中国という自動車販売大国だ。両国はそれぞれ、カリフォルニア州ZEV(ゼロエミッション車)規制、NEV(新エネルギー車)規制といった政策効果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]