基準地価とは 土地取引の指標
きょうのことば

2018/9/19 2:00
保存
共有
印刷
その他

▼基準地価 都道府県が不動産鑑定士の評価をもとに取りまとめた毎年7月1日時点の全国の土地価格。国土交通省が9月に公表し、民間企業などの土地取引の指標となる。いま立っている建物の形態や権利に関係なく、最も土地を有効に活用した場合を想定して、1平方メートルあたりの価格を算出する。

公的機関が公表する主な地価の指標は、基準地価のほか、国交省が3月に公表する公示地価と、国税庁が夏に公表する路線価がある。これらはいずれも1月1日時点の地価を算出しており、7月を調査時点としている基準地価は年半ばの動向を把握できるというメリットがある。路線価は主要な道路に面した土地を対象とし、相続税や贈与税の算定に用いる。

基準地価の区分は、「住宅地」「商業地」に加え、工場や物流施設などが立地する「工業地」、住宅地として使われる予定の「宅地見込み地」などがある。今年の調査地点は2万1578。このうち東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴う帰還困難区域などの15地点は調査を休止した。

【関連記事】
基準地価27年ぶり上昇 商業地3年連続、訪日需要が拡大
地価上昇、地方の各所で 18年基準地価
広がる「圏内格差」 都市部でも明暗 投資マネーは選別色
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]