EV時代の課題(上) 政策手段で企業後押しを
清水浩 慶応義塾大学名誉教授

2018/9/19 6:00
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
ポイント
○優れた新技術は7年で旧技術を置き換え
○コスト面などでEVが将来生き残る公算
○日本でも米中並みの自動車の環境規制を

昨年夏以降、電気自動車(EV)の普及を政策目標にする国や地域が増えた。その主目的は地球温暖化対策であるが、石油輸入の抑制という安全保障や、産業政策上の意図もある。この急激な変化の時代にまず考えるべきは、いつどんな速度でEV化が進み、どのような大きさの産業になるかということであ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]