/

この記事は会員限定です

AI進化で変わる暮らし(複眼)

エリック・ブリニョルフソン氏/ジェニファー・フレイス氏/上野山勝也氏

[有料会員限定]

人工知能(AI)をのせたロボットや自動化技術の開発が進んでいる。物販や医療、翻訳など活用の場は広がる。他方で、自ら学び始めたAIが将来、人間を脅かすのではとの見方もある。職場や学校、家庭など私たちの暮らしはAIの進化でどう変わるか。

◇   ◇

広がる分業、人の強みは「共感」 米マサチューセッツ工科大学(MIT)教授 エリック・ブリニョルフソン氏

AIの開発は50年以上前から取り組まれてきたが、この5年から10年で加速した。大きく3つ理由がある。

まず、コンピューターの処理速度が著しく上がった。次に大量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4105文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン