2018年11月18日(日)

マイゴルフ

フォローする

アプローチ へそとグリップの距離 一定に
青木瀬令奈(11)

2018/9/13付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

昨年のサロンパス杯で予選落ちの窮地を救ってくれたロフト角52度のウエッジを今季は50度に入れ替えている。これはランニングアプローチの事情ではなく、フルショットでの番手間の距離の穴を埋めるのがねらいだ。

ピッチングウエッジ(PW)のキャリーが105ヤード。90ヤードが欲しかった52度のウエッジは85ヤードにとどまっていた。フェースをかぶせて打つより、素直に打ちたくて50度にした。いまはさらにシャフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

マイゴルフ 一覧

フォローする
背中の張りを保つように気をつけている

 アドレスは基本的には両肩、胸、腰、両膝のラインを狙った方向にスクエアで構える。だが試合になると、打ちやすくするため「真っすぐ」にこだわらない。僕の持ち球はドローなので、例えば出球を左に出したくない時 …続き (11/16)

柔らかく握り、スムーズに振るのが理想

 僕のグリップはオーソドックスなオーバーラッピングだ。中高生の頃は、飛距離を出したくてフックで握っていたが、その後は自然にスクエアに戻った。左手は人さし指、中指、薬指の3本で軽く握る程度で、右手は添え …続き (11/9)

賞金シードをつかんだり失ったりと、浮き沈みが多い

 パットに連動したショットイップスは、ダウンスイングでクラブをうまく下ろせず、パー3で隣ホールに打ち込むこともしょっちゅう。それでもキャディーのバイトに精を出すことで「稼いでいるんだから」と気持ちに余 …続き (11/2)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]