2018年11月17日(土)

縄文の布 柔らかさ復元
新潟県妻有地域の布製品・越後アンギン 製法を探求 岩田重信

カバーストーリー
2018/9/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新潟県妻有(つまり)地域の十日町市や津南町に伝わる布製品、越後アンギンは長い歴史を持ち「縄文の布」ともいわれる。縄文人が現在と同じ技法で布を作っていたとみられるのだ。

♯ ♯ ♯

植物繊維を糸に

アンギンは麻布の材料として使われるカラムシやアカソ、イラクサなどの植物繊維を糸にして、経(たて)糸を緯(よこ)糸に絡める「もじり編み」で作っていく。俵やスダレの編み方と同じだ。

縄文人はアンギンのような布…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報