2019年6月17日(月)

6/17 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国マネー、不動産投資が急減速 米1~3月、7割減[有料会員限定]
  2. 2位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  3. 3位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  4. 4位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  5. 5位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

スイスフラン上昇基調 安全志向の資金流入
通貨番付

2018/9/11 14:19
保存
共有
印刷
その他

スイスフランが上昇基調にある。このところは対ユーロで1ユーロ=1.12スイスフラン前後と2017年7月以来約1年2カ月ぶりの高値圏で推移している。世界的な貿易戦争が懸念される中、安全資産として投資マネーが流れている。

欧州中央銀行(ECB)の量的金融緩和の縮小方針などで、今年に入ってスイスフランは売られ、4月には約3年3カ月ぶりの安値を付けた。ところがその後、米国と中国をはじめとする貿易戦争が激しくなり、投資家が改めて買い戻す動きを強めた。トルコ経済の混乱による欧州金融機関への悪影響や、隣国イタリアの財政悪化懸念もユーロ安・フラン高につながった。

スイス国立銀行(中央銀行)はマイナス金利政策を継続するとの見方が多いが、シリア情勢が不安定になっており、当面は上昇圧力がかかる公算が大きい。

(ジュネーブ=細川倫太郎)

9月3~7日の外為市場でブラジルレアルが1.4%上昇。大統領選挙立候補者の刺傷事件を巡り市場で思惑が強まった。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム