2018年9月20日(木)

デザインされたギャンブル依存症 ナターシャ・ダウ・シュール著 「ハマる」めぐる普遍的な問い

批評
2018/9/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 1990年代あたりから文化人類学の分野ではギャンブルやゲームに関する研究が本格化した。本書はその代表的成果のひとつ。著者は98年からラスヴェガスのカジノを舞台にギャンブラー、経営者、マシン製造業者、そして依存症者などへの聞き取り調査を重ねてきた。

 注目したのはある依存症者が用いた〈ゾーン〉という言葉。勝ち負けではなく、プレイし続けることが目的化した「ハマった状態」を指す。

 軽度のプレイヤーをこの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報