/

この記事は会員限定です

貿易戦争の行方(中) 日米貿易協議 早期妥結を

中川淳司 東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○トランプ政権の2国間交渉は一定の成果
○日米貿易協議でもTPP復帰なお説得を
○対米投資拡大による雇用創出は双方に益

米トランプ政権が引き起こした貿易戦争が激しさを増している。3月に発動した米通商拡大法232条に基づく鉄鋼・アルミニウム製品への追加関税は、米韓自由貿易協定(FTA)の見直しなどの形で成果を上げた。

これで自信を深めたトランプ政権は、同条に基づく自動車・部品への追加関税の発動に向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2769文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン