/

この記事は会員限定です

最古の土鈴、英彦山に響く

山伏修行の九州霊場、最後の窯元で「がらがら」守る 篠崎嘉丈

[有料会員限定]

修験道の霊場として古来、多くの山伏が修行した英彦山(ひこさん)。福岡、大分両県にまたがるこの山で約800年前から親しまれる「がらがら」という工芸品がある。日本最古の土鈴(どれい)とされ、家の玄関に飾ったり、田んぼの水が流れる水口周辺に埋めたりして魔よけにする。私が作り始めて約70年。今では窯元はうちだけになってしまった。

英彦山がらがらの歴史は言い伝えによると飛鳥時代まで遡る。8世紀初めの慶雲年間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン