/

業績上振れ期待高い銘柄 資源関連やゲーム 上位

日本株番付

日本企業の間で米中貿易摩擦などの不透明感が払拭されず、2019年3月期通期の業績予想を上方修正する動きは鈍い。企業の保守的な姿勢が根強い中、市場で業績の上振れ期待が高い企業を調べたところ、資源関連やゲームなどが上位に入った。

東証1部で時価総額1000億円以上の企業を対象に、アナリストの営業利益予想の平均が会社計画をどれだけ上回っているかの乖離(かいり)率を調べた。

首位は石油資源開発。原油と国内天然ガスの販売価格の上昇が業績の追い風だ。同じ資源関連銘柄ではJXTGホールディングス日立建機も上位に入った。日立建機は資源高で鉱山機械が伸び、北米や中国で油圧ショベルの販売が増えている。

ゲーム関連では「ドラゴンボール」のスマートフォン(スマホ)向け新作ゲームが好調なバンダイナムコホールディングスの業績上振れ期待が高い。中国ネットサービスの騰訊控股(テンセント)と合弁会社を設立すると発表したスクウェア・エニックス・ホールディングスも5位に顔を出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン