春秋

2018/9/5 1:11
保存
共有
印刷
その他

「大学は出たけれど」は、昭和4年(1929年)に公開された小津安二郎監督の作品だ。昭和恐慌のさなか、就活に奔走する大学卒業者の姿をコメディー調で描く。完全なフィルムは現存しないが、残ったシナリオを読むと案外、世間が変わっていないことに気づく。

▼主人公の若者は、紹介状を携えて面接に臨んだ会社で、「残念ながら欠員はない。受付の仕事なら空きがある」と告げられる。「僕は大学を出ました」と憤然として立ち去…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]