2018年11月20日(火)

バリ衣装を抱きしめて
多彩な儀礼でまとう伝統 20年で1000点収集し展覧会 武居郁子

カバーストーリー
2018/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インドネシア・バリ島には生後3カ月の赤ん坊への「ウパチャラ・ティガブラン」という通過儀礼がある。聖水で体を清めて腕輪と足輪をはめ、正装衣装に袖を通す。祖先の魂が別世界から赤ん坊に降りてくる招魂式だ。赤ん坊は僧侶による式を経て初めて大地に足をつけることが許される。

イスラム教国のインドネシアでバリは唯一、ヒンドゥー教徒が多数を占める州だ。信仰は土着の文化と混じり合い、子どもたちは様々な宗教儀礼を経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報