2019年2月19日(火)

2/19 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想
  2. 2位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  3. 3位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  4. 4位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  5. 5位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,280.93 -0.92
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,250 -50

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

投資番付

フォローする

人民元、安値もみ合い 米中摩擦の激化を懸念
通貨番付

2018/9/4 13:50
保存
共有
印刷
その他

中国の通貨、人民元が2015年8月の人民元切り下げショック後の最安値圏でもみ合っている。米中貿易摩擦の激化を背景に8月には一時、1ドル=6.9元台まで下落した。

中国経済減速への警戒や、米利上げによる米中金利差縮小などで元安圧力は根強い。だが元の急落は中国からの資金流出懸念につながるため、中国人民銀行(中央銀行)は元を売る為替予約をする際に20%の「危険準備金」を預け入れることを8月上旬に義務付けた。取引の基準値算出では元安に進みにくくする操作も復活させた。

こうした対策により、足元では元安進行に一定の歯止めがかかっている。だが米国が中国への制裁関税第3弾として、輸入品2000億ドル分に追加関税を課す事態となれば、年内にも7元台に下落するとの見方が出ている。

(NQN香港=安部健太郎)

8月27~31日の外為市場で新興国通貨が下落。インドやインドネシアは通貨安が実体経済に影響しているとの懸念がある。

投資番付をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム