2018年11月15日(木)

わたしは不思議の環 ダグラス・ホフスタッター著 超複雑な世界 理解への発明

批評
2018/9/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

著者ホフスタッターのデビュー作『ゲーデル、エッシャー、バッハ』は、ぼくが生涯でもっとも影響を受けた本だ。文字通り、寝食忘れて没頭した。あんな読書体験は後にも先にもあのときだけだ。

それから時を経ることおよそ30年。その彼が、「〈私〉とはなにか?」について真っ正面から取り組む続編を書いた。

めちゃくちゃおもしろい。

ホフスタッターは、〈私〉とは、自己と世界の複雑さを、いわば情報圧縮して単純に理解す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報