/

この記事は会員限定です

公文書と民主主義(下) 電子化と長期管理に課題

杉本重雄 筑波大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○業務効率化や災害対応で電子化が重要に
○検索機能の強化で公文書の利用価値向上
○国は文書の長期利用と保存のポリシーを

行政活動の記録としての文書を正確に保存し、すべての人に公文書への公正で公平なアクセスを保証することは民主主義の基盤である。公文書管理や情報公開に関する法律はこうした基盤を制度として規定したものであり、その制度上での文書への効率的なアクセスと信頼性の高い文書保存を支えるシステムは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン