2018年11月21日(水)

公文書と民主主義(上) 「30年ルール」で一元管理を
奈良岡聰智 京都大学教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/8/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○日本の公文書行政は混乱・過渡期の最中
○米国はメールの使用や保存で厳格ルール
○国立公文書館も日本は世界の中で見劣り

森友・加計問題をきっかけに、政府の公文書管理の仕方に多くの批判が寄せられている。公文書の改ざんや隠蔽は、民主主義の根幹にかかわる問題で、事の重要性を認識していなかった財務省の対応は、厳しく批判されてしかるべきである。今後の再発防止が求められる。

私は今回の問題を、単なる官僚バ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報