/

この記事は会員限定です

早大生と歩んだソバ屋

憩いの場・三朝庵、112年の歴史にひっそりと幕 加藤峯子

[有料会員限定]

都の西北、早稲田大学から目と鼻の先にある馬場下町の交差点で112年続けてきたそば屋「三(さん)朝庵(ちょうあん)」を7月末で閉じた。事前に告知すると常連さんだけでなく昔を懐かしむ人たちが殺到してしまうから、ひっそり最終日を迎えた。4代目女将として、後日閉店を知った方々におわびしたい。

我が家の歴史は江戸後期に遡る。小石川から今の場所に移り三朝庵を創業したのは1906年(明治39年)。1882年創設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン