/

この記事は会員限定です

日本の研究力 どう再興(複眼)

大隅良典氏/野路国夫氏/神田真人氏

[有料会員限定]

日本の研究力の低下が深刻だ。日本発の科学論文が減り、博士を目指す若者も少なくなっている。研究者が自由に力を発揮できる環境を整えないと、未来の日本の豊かさを支える科学技術の屋台骨が揺らぐ。大学・企業・政府の連携はどうあるべきか。「科学技術立国」の再生の道筋を探る。

◇   ◇

「やりたいこと」こそ大事 東京工業大学栄誉教授 大隅良典氏

大学の研究を支える(博士課程の)大学院生が減れば、論文は必然的に減る。数が少なくなるという以上に問題なのは、質の面でも日本の存...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4017文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

滝 順一

カバージャンル

  • 福島第1原発事故と原子力・エネルギー政策
  • 気候変動問題
  • 科学技術政策

経歴

1980年代半ばから日本の科学技術の研究開発現場と科学技術政策の立案プロセスを取材。2009年からはとくに気候変動問題、11年からは原発事故やエネルギー政策に関心を寄せてきた。電子版で2007年ころから隔週で継続してコラムを執筆、日経サイエンス誌にも寄稿している。

活動実績

2021年10月13日 同志社大学と日経の連携科目 「メガトレンドを読む」で「地球環境の悪化と経済成長」をテーマに講師
2021年4月20日 経済同友会主催オープン・フォーラム「未来選択会議」登壇。「気候変動・エネルギー」がテーマ
2020年11月7日 日経・FT感染症会議の討論会「COVID-19に立ち向かうために何をすべきか ワクチン、治療薬、検査薬、消毒薬」モデレーター
2020年10月22日 日経認知症シンポジウムのパネル討論「診断治療に関する研究開発の促進」モデレーター
2018年11月13日 日本原子力研究開発機構報告会でのファシリテーター
2018年3月17日 内閣府Impact藤田プログラム公開シンポジウムのパネル討論登壇
2018年2月8日 電力中央研究所原子力リスク研究センターシンポジウムのパネル討論登壇

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン