2018年9月20日(木)

絵画を彩る額縁(5) 「花鳥蒔絵螺鈿聖龕」
額装家 小笠原尚司

美の十選
2018/8/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 フランシスコ・ザヴィエルが日本の地を踏んだ時、聖書とともに携えた聖画像は、タベルナクルム型の額縁(聖龕(せいがん))に納まっていたかもしれない。

 イエズス会の教育施設では、言葉を超えて信仰を広めるために、宗教画の描き方や聖具の作り方を教える画工舎が開かれた。聖画とともに、それらを納める日本独自の聖龕も作られ始める。

 16、17世紀初めにかけて、京都では輸出用の聖龕が盛んに作られるようになる。金箔…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報