/

この記事は会員限定です

「徹子の部屋」生け花係

第1回放送から1万回以上、毎回違うアレンジで 石橋恵三子

[有料会員限定]

テレビや映画で使う花や食べ物などを業界用語で「消えもの」という。私は「日本初の消えもの係」だ。黒柳徹子さんが司会を務める「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、1976年2月2日の第1回放送から花を生け続けてきた。飾った花は毎回違うアレンジを施し、1万回以上にのぼる。

* * *

まさに演出の華

徹子の部屋は今年で放送開始から42年。徹子さんと同じ年数を経験しているスタッフは私だけになった。記念すべき第1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン