/

この記事は会員限定です

江戸の和時計 科学の結晶

極めた技術 複雑なからくりにほれ込み研究40年 近藤勝之

[有料会員限定]

時と星。この二つを結びつけて考えることは、現代の生活ではあまりないだろう。だが江戸時代の時刻制度では、時と空の様子は密接に関わっていた。私が20年ほど前に入手し、博物館に寄贈した「天文尺時計」は、それを端的に示している。

建設業を営む傍ら、和時計の研究を始めて40年ほどになる。収集した和時計を分解して調べ、国立科学博物館の名誉研究員である佐々木勝浩先生の指導のもと、論文も発表してきた。

 ☆ ★ ☆ ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1541文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン