2018年11月19日(月)

フランスに学ぶ働き方改革 時短、生産性向上に寄与
S・ルシュバリエ 仏社会科学高等研究院教授

経済教室
コラム(経済・政治)
2018/8/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ポイント
○日本の労働生産性は米仏を大きく下回る
○勤務時間中の休憩導入も集中力向上に益
○賃金抑制よりも適切な労働コスト拡充を

働き方改革法が成立したのを機に、日本とフランスの働き方や仕事満足度を比較するのは興味深い。本稿では筆者が仏社会科学高等研究院(EHESS)の学生と実施した調査の暫定結果を紹介しながら、日仏の状況を比較したい。

フランスの労働市場は過去40年、失業率の点では極めて憂慮すべき状況…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報