/

この記事は会員限定です

フランスに学ぶ働き方改革 時短、生産性向上に寄与

S・ルシュバリエ 仏社会科学高等研究院教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本の労働生産性は米仏を大きく下回る
○勤務時間中の休憩導入も集中力向上に益
○賃金抑制よりも適切な労働コスト拡充を

働き方改革法が成立したのを機に、日本とフランスの働き方や仕事満足度を比較するのは興味深い。本稿では筆者が仏社会科学高等研究院(EHESS)の学生と実施した調査の暫定結果を紹介しながら、日仏の状況を比較したい。

フランスの労働市場は過去40年、失業率の点では極めて憂慮すべき状況だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン