/

アマゾン・ゴー 無人の可能性は無限大

チャーリーの丸わかりビジネスモデル(1)

NIKKEI MJ

アマゾン・ゴーは米アマゾン・ドット・コムの無人コンビニエンスストア。1号店は2018年1月に米シアトルで開業した。

買い物客がストレスを感じやすかった「レジの行列」。アマゾンはテクノロジーを駆使してレジの無人化システムをつくった。買い物客は店内で支払いせず、気軽で楽しい買い物の体験ができる。入店時にコードを読み取るかたちで個人認証が必要になるが、お店を出るだけで、嘘のように会計が完了する。

アマゾン・ゴーの肝は、行動を解析するシステム。店内に人の動きをトラッキング(追跡)できるセンサーがあり、買い物中の行動を観察し、どの商品を購入したのかわかるようになっている。人工知能(AI)のディープラーニング技術も使われているもようだ。

レジ業務に関わる運営コスト削減や、人手不足といった問題を解消できるようになる。ただ、アマゾン・ゴーは効率性を追求したシステムではないようで、レジ業務の自動化で、店員はタイムラグのない在庫補充やお客とのコミュニケーションの機会が増え、サービスの質をより高めることに注力できるようになる。小売業だけでなく、さまざまな対面サービスへの展開が期待できる。

中国でも無人コンビニの開発が盛んだ。日本での無人コンビニは、国内コンビニ各社、アマゾン、中国勢のどこが先んじるか。競争はますます激化しそうだ。

ビジネスモデルを図解する近藤哲朗(チャーリー)氏の「ビジネスモデル2.0図鑑」(KADOKAWA、9月29日発売)を基に連載します。

[日経MJ2018年8月22日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

詳細はこちらから

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン