/

この記事は会員限定です

和泉櫛のロマンひもとく

義父の技に魅せられて1500年以上の歴史に迫る 伊藤伸史

[有料会員限定]

大阪府貝塚市の二色の浜に沿った地域は古来、木櫛(きぐし)の産地だ。「和泉国」と呼ばれた同地の地名をとって「和泉櫛」と呼ばれる。歴史は6世紀の欽明天皇の治世までさかのぼると言われ、1500年余りにわたって職人が生産に励んできた。

◇ ◇ ◇

材料のツゲは自生せず

私は当地に工房を持つ和泉櫛の匠(たくみ)を義父に持った。公務員だったから、制作には携わらなかったが、義父の仕事を傍らで見るうちに関心が募る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン