/

この記事は会員限定です

ステンドグラス 歴史に光

明治~昭和の作家・木内真太郎追い黎明期を解明 金田美世

[有料会員限定]

とっさに「あれ、見たことある!」と思った。2013年、青山学院横浜英和中高校(横浜市)に移設された旧マカスリン礼拝堂にあるステンドグラスの写真を目にした時だ。国内に現存する最古のステンドグラスとして知られる本作は米国製と推定されていたが、私が調べている木内真太郎(1880~1968年)の資料と照合するとピタリと一致した。

真太郎は明治後半から昭和にかけて活躍した作家だ。木内家が大切に保存してきた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン